企業分析/決算へ投資 投資分析手法 株式へ投資

ARR・MRRとは?どんな意味を持つのか・どの資料で確認できるかを解説【企業事例あり】

悩み

■こんな疑問・お悩みありませんか?

  • SaaS企業が「ARR」「MRR」とよく聞くけど意味や違いは?
  • 売上とはどう違うの?数字が大きい方がいいの?
  • ARR/MRRが大きい、または急成長しているのはどの企業?

この記事では、こんな疑問を解決していきます!

■目次

 

 

【関連記事】

 

 

ARR/MRRとは?それぞれの意味と違いについて

arr mrr

ARRとは「Annual Reccuring Revenue」の略であり、「"毎年"決まって得ることができる売り上げ」のことです。

「年間経常収益」や「年間定期収益」とも呼ばれます。

また、MRRとは「Monthly Recurring Revenue」の略で、「"毎月"繰り返し得ることのできる売り上げ」のことを指します。

つまりそれぞれの違いは「年」単位か「月」単位の指標だという事です。

それぞれの計算式は、後ほど説明いたします。

ただし、どちらも会計上の売上ではありません。あくまでも「KPI*」として扱われます。
(*KPI:重要業績評価指標のこと)

ARR/MRRはここ数年で普及した新しい概念です。

ARR/MRRがなぜ/どういった理由で使われているかは、あまり把握されておりません。
そこで、以下でARR/MRRの用途をご説明いたします。

なぜARR/MRRという概念を使うのか

主に以下2点のためです。

  • KPIとして、会社の業績進捗が測りやすいため
  • 企業の時価総額(バリュエーション)を算定するため

①KPIとして、会社の業績進捗が測りやすいため

確認

経営する側としては、業績が計画通りに進捗しているかは非常に重要な観点です。

なぜなら、上場企業の場合、下記の事象にあてはまると、業績予想を修正しなければならないルールがあるためです。

「公表された直近の業績予想値から、売上高においては±10%、経常利益又は当期純利益においては±30%の乖離が見込まれる場合に開示が必要」

ARR/MRRを使うことで、業績予想とのズレを発見しやすくなります。
それにより、下記のメリットがあります。

メリット

  • 予想修正の公表が迅速に対応できる
  • 予想差異をリカバリーするための施策検討~実行も迅速に手が打てる

②企業の時価総額(バリュエーション)を算定するため

上場企業であれば、株式市場で株価が常に決まることで、時価総額も常に把握できます。
ですが、未上場企業の場合は、時価総額は基本公表されません。

余談ですが、日経新聞等で、未上場企業の時価総額上位ランキングが定期的に掲載されます。
こちらは、日経社による情報収集をもとに算出された「理論値」です。概ねあっていると思いますが、100%正確ではありません。

(出典:日本経済新聞

 

未上場企業の時価総額を測定できると、主に資金調達時にメリットがあります。

企業側の観点

自社の時価総額を算出して、このぐらいの価値があるからそのうち●%=▲億円を出資してほしいと交渉できます。

ベンチャーキャビタル等の投資家の観点

同業界の他社などの時価総額を相対的に見ることで、出資検討時の適正な企業価値を把握しやすくなります。

ARR/MRRの計算式

では、どうやってARRを計算するかというと、計算式は結構シンプルです。

ARR(円) = MRR(円) × 12ヶ月

また、MRRは下記計算式となります。

MRR = 月額利用料金 × 顧客数

ARR/MRRはどういう業種に使われるのか

結論から言うと、「SaaS*」企業です。

*Software as a Serviceの略語。ユーザーにクラウドベースのソフトウェアを供給する企業のこと。

saas arr

 

どの企業がSaaS企業に該当するかは、上場企業なら下記の「株探」で一覧確認できます。
※SaaSに関与する濃淡の度合いは、各企業それぞれですが網羅性はあります。

株探|SaaS テーマ株一覧

ただし、ここにある全企業がARR/MRRを公表しているわけではありません。
では、どこでARR/MRRを調べることができるのか、といいますと…、

ARR/MRRはどこで見ることができるのか

結論から言いますと、このようになっています。

ポイント

  1. 上場企業の場合は、決算説明資料
  2. 未上場企業の場合は、主にプレスリリースやニュース記事

それぞれ実例も交えて、以下で見ていきましょう。

① 上場企業のARR/MRR

ARR/MRRはKPIのため、社内的な重要数値であるため、決算時の公表義務はありません。

ですが、実態は積極的に公表しており、ARR,MRRが大きい=優良SaaS銘柄といった様相を呈しています。

 

【マネーフォワードの場合】

money forward arr

マネーフォワードは、毎四半期の決算説明資料で、必ずARRに触れています。

2022年1月に発表した通期決算説明資料では、直近のARRが112億、前年同期比+33%と、かなり高い成長性が見てとれます。

マネーフォワード ARR

 

【チャットワークの場合】

chatwork arr

チャットワークはグラフ推移での掲載ではありませんが、2022年2月の通期決算説明資料で、37.8億円とピンポイントで書かれています。

 

chatwork arr

 

【プラスアルファ・コンサルティングの場合】

 

プラスアルファコンサルティング ARR

プラスアルファコンサルティングの場合は、ARRではなく「MRR」での掲載です。

MRRだと数字が小さめに見えますが、MRR×12をすることで、ARR(年間)での規模感を把握することができます。

 

2022年2月発表の第1四半期決算資料では、直近のMRRが2.91億円、前年同期比+69.8%と、急上昇しています。

プラスアルファコンサルティング MRR

 

② 未上場企業のARR/MRR

この場合はIR関連資料自体が基本的にありませんが、「企業名 ARR」と検索すれば、ニュース記事などで発見できる場合があります。

【Smart HRの場合】

smarthr arr

Smart HRは、未上場の中で最も注目されている企業の1つです。時価総額およそ1,700億円ものユニコーン企業です。

最近はCMもやっているので、ご存じの方も多いかと思います。

 

SmartHRは2021年6月、初めて自社のARRを公表して話題となりました。これがこちらです。

smarthr arr

 

未上場にも関わらず、ARR45億とスゴイです。

これは、2022年1月時点の上場企業と比較すると、HENNGE、カオナビと同等のレベルです。

ARR/MRRを見る時の注意点

一次的な収入は含まれない

初期費用、作業費用などが対象です。

需要変動に注意

サービス内容によっては、特定の時期/季節に需要が偏る場合や、大口顧客の加入の場合があると思います。

その際、繁忙月のMRRで計算すると、ARRの見栄えが良くなります(逆もしかりです)。

この点の対応として、一部企業は四半期ごとのMRRに基づいて、ARRを計算しています(四半期の経常収益の合計に4を掛ける)。
これにより、月ごとの変動を平準化して見せることを目的としています。

ARR.MRRの数字の大きさだけでなく、成長率も見るべき

株式市場を見る上で、これはARR/MRRだけではなく、売上や利益にも共通して言えることです。

「成長率」が大事です。

なぜなら、市場はその銘柄の将来性を見込んで、株を買うからです。

仮に、成長率が鈍化するということは、この先の業績に陰りが見えることにつながり、

業績予想の達成が難しくなったり、場合により赤字に転落するなどが起きるからです。

ここで、成長率をどのように見るべきかですが、おススメは「四半期数値の今期vs前期比較」です。

先ほどのSmart HRを例にとってみてみましょう。

 

smarthr arr

 

Smart HRのARR45億円は、21年2Qの数字となります。

前年の2Q=20年2Qとなるので、そこをみるとARR21億なので、成長率が+100%=2倍になったということです。

どのくらいの成長率が求められるかは、業界、企業の成長ステージにより異なりますが、

SaaS分野では、前年同期比で+30%以上の成長は欲しいため、Smart HRの成長率+100%は申し分無いと言えます。

SaaS上場企業 ARRランキングTOP10

ここからは、2022年3月のデータをもとに、SaaS上場企業 ARRランキングTOP10を紹介していきます。

第1位 Sansan株式会社 ARR179.4億円/前年比成長率24.1%

クラウド型名刺管理法人向けサービス草分け。請求書データ事業『Bill One』も展開。

 

同社の2022年1月に発表した、2022年5月期 第2四半期 決算発表資料でも、

ハイライトのページで、ARRが触れられております。

sansan arr

 

第2位 株式会社ラクス ARR158.3億円/前年比成長率35.9%

クラウドとIT人材派遣の2本柱。『メールディーラー』と『楽楽精算』が利益成長を牽引。

第3位 サイボウズ株式会社 ARR157.4億円/前年比成長率24.3%

業務を効率化するグループウェアで国内シェア高い。パッケージソフト、クラウド両方で提供。

第4位 freee株式会社 ARR128.0億円/前年比成長率38.9%

クラウド型会計・人事労務ソフトを開発。主要顧客は個人事業主や中小企業。自動化機能に特徴

第5位 株式会社ユーザベース ARR123.7億円/前年比成長率23.0%

ビジネスデータのSPEEDAやニュースのNewsPicks運営、動画経由の加入強化中

freeeとユーザベースは、以下の記事でも特集しています。是非合わせてご覧ください。

【関連記事】

 

第6位 株式会社インフォマート ARR96.5億円/前年比成長率13.3%

クラウド活用し受発注、規格書、請求書システム運営、外食向け主力。配当は単体配当性向50%

 

第7位 株式会社マネーフォワード ARR91.8億円/前年比成長率34.4%

個人向け家計簿アプリ『マネーフォワードME』と法人向けの会計・人事クラウドが2本柱

 

第8位 株式会社エス・エム・エス ARR73.5億円/前年比成長率23.0%

介護・医療業界向け人材紹介サービスで最大手。介護事業者に対し経営支援も。海外へ積極展開

 

第9位 株式会社プラスアルファ・コンサルティング ARR64.1億円/前年比成長率31.6%

データ分析・可視化のクラウドサービス提供。人材活用、マーケティング、CRMの各分野向け

 

プラスアルファは、以下の記事で個別に詳しく特集しています。是非合わせてご覧ください。

【関連記事】

 

第10位 株式会社プレイド ARR63.8億円/前年比成長率33.6%

Webサイト・アプリの顧客分析プラットフォーム『KARTE』を展開。米グーグルと戦略提携

プレイドも、以下の記事で個別に詳しく特集しています。是非合わせてご覧ください。

【関連記事】

(出典:【2022年3月更新】上場SaaS KPI公表の全て)

数字の大きさでのランキングは、以上となります。

なお、成長率の高さでランキングを見ると、freee>ラクス>マネーフォワードの順となります。

まとめ ~ARR/MRRはSaaS業界共通のKPI

ARR/MRRは、いまやSaaS業界共通のKPIです。

IT業界では、こうした業界共通の指標はあまり無いため、業績進捗や時価総額を測るだけでなく、業界内での相対的な比較をするなど、活用の幅は広いです。

みなさんも是非「ARR」「MRR」を意識していただければと思います。

動画でも詳しく解説しているのでよろしければぜひご覧ください。

-企業分析/決算へ投資, 投資分析手法, 株式へ投資

Copyright© 【全方位投資ブログ】日本株×仮想通貨×NFT×ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.