企業分析/決算へ投資 株式へ投資

アスカネットの今後の将来性は?空中ディスプレイで株価は急騰?

【はじめに】

まずは、アスカネットの株価チャートをご覧ください。

【短期(2022年~)】

【長期(直近5年間)】

 

 

とにかく、短期も長期も、株価の急騰・急落がひんぱんに発生しています。

  • 同社の株価は、なぜ急騰・急落を繰り返しているのでしょうか?
  • そして今後の将来性はどうなのでしょうか?

このブログでは、そんな疑問を一気に解決いたします。ぜひ最後までお読みください。

 

ちなみに、2022年9月14日時点で、アスカネットの株を買うには、10万円もの多額の資金が必要となります

こんな大金は中々払えないですよね。。。

 

そこで、10万円の1/100の金額=1株から買う方法が、この「LINE証券」です。

使い方もスマホアプリでサクサクでき、ストレスがありません。
是非この機会に口座解説をしてみてください ↓

■1株から購入できる「LINE証券」

LINE証券

 

【このブログの筆者ご紹介】

【目次】

 

アスカネットについて

アスカネットの企業情報

設立は1995年と比較的古い会社です。連結で381人の従業員がいます。

本社は広島県にあります。

創業から10年後の2005年に、当時の東証マザーズへ上場しました。

本社所在地 広島県広島市安佐南区祇園3-28-14
業種分類 サービス業
設立年月日 1995年7月
上場年月日 2005年4月
決算 4月末日
従業員数(連結) 381人

 

アスカネットの事業内容

アスカネットの事業は、3つのセグメントに分かれています。

  1. フューネラル事業
  2. フォトブック事業
  3. 空中ディスプレイ事業

それぞれ見ていきましょう。

 

1. フューネラル事業とは?

葬儀社や写真館との間にネットワークを構築し、葬儀に使用する遺影写真の合成・加工などを行い、配信するサービスです。

約2,690ヵ所の葬儀社などB to Bを主体に年間約40万枚の写真画像を提供しています。

 

2. フォトブック事業とは?

「一冊からの本格的写真集」をインターネットから受注し製作するサービスです。

従来の写真プリントを印刷・写真集に置き換える新しい写真文化を提唱。

約5,200社の写真館向けなどBto Bやコンシューマーに年間約212万冊(OEMブックを含み、写真プリントは除く)を提供。

 

 

3. 空中ディスプレイ事業とは?

空中結像技術による、新しい映像画像の表現方法を提唱しているサービスです。。

市場創造を目指し、デジタルサイネージ用途や空中操作による製品組込用途に向けて、樹脂製・ガラス製プレートの拡販を図る。

 

アスカネットの業績

続いて、業績です。

端的に言うと、売上はこの5年間ほぼ横ばいです。

コロナ影響を受けたこともありますが、成長しているとは言い難い状況です。

 

 

 

株価関連情報/株価チャート(2022年9月14日時点)

まずは、株価関連情報です。

 

まず、時価総額は181億円あります。

合わせてPERは、49.7倍もあります。

配当利回りは0.77%のため、配当はわずかな金額です

 

また出来高ですが、従来は100万株に満たないレベルでしたが、

直近9/13は1,000万株を超える大商いとなり、その後もにぎわっています。

 

株価の変動要因については、後ほどふれます。

 

 

アスカネットの平均年収

同社の平均年収は、会社四季報によると「459万円」との記載があります。

 

アスカネットの採用状況

 

同社は連結で、389名もの社員数がいます。

同社の採用サイトを見ると、様々な職種を募集しているようです(2022年9月11日時点)。

https://www.asukanet.co.jp/contents/recruit/

 

サイトから直接の応募もできますが、より合格確率をあげるには、以下のエージェントに相談した上で、応募することがオススメです。

無料なので、是非お気軽に利用してみてください。

 

・リクルートエージェント

・パーソルキャリア

(どちらも、画像クリックするとページが開きます)

 

なぜ長期で株価は上昇しているのか?

結論からいうと、

 

アスカネットの将来性は?

一言でいうと、第3の事業である「空間ディスプレイ」が軌道に乗るか次第です。

というのも、既存の主力である2事業は、下記のような状況です。

・フューネラル事業
2040年に向けて、今後も死亡者数が増加するため、 遺影写真の制作・葬儀演出などの需要が自然増。
一方で、直接の顧客である葬儀会社へのシェアは30%超と、かなり高い状況です。

・フォトブック事業
売上の伸びが鈍化しており、成長の頭打ちが見えています。

 

ゆえに、空間ディスプレイ事業がどこまで伸びるかにかかっています。

現在の進捗は、セブンイレブンなどとの実証実験ができている段階ですが、セグメントを分けて5年が経過するため、

もうまもなく結果が欲しいところです。

 

 

アスカネットのリスク

アスカネットは、自社が把握しているリスク情報をホームページで公表しています。

 

 

【最後に】

今回のアスカネット特集、いかがでしたでしょうか?

株式銘柄を分析/管理する上で、下記ブログで紹介している"無料"ツールがとても役立ちます。

是非合わせてご覧ください。

メリット多数・Google Finance/グーグルファイナンス ウォッチリスト使い方と日本株の把握が超便利

続きを見る

 

ちなみに、今なら下記のリンクから投資家登録すると、最大5,000相当の株が必ずもらえるキャンペーン実施中です。

日本株・米国株も「手数料無料」の証券サービスでコミュニティー機能もあります。

まだ口座開設していない方はこの機会に投資家登録して有名な企業の株を無料でゲットされてみてはいかがでしょうか。

■手数料無料で取引できるアプリ「STREAM 」

 

 

-企業分析/決算へ投資, 株式へ投資

Copyright© 【全方位投資ブログ】日本株×仮想通貨×NFT×ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.