暗号資産/NFTへ投資

ビットフライヤー/bitFlyerのかんたん積立投信は1円から可能!手数料は高いのか?

【こんなお悩み/疑問ありませんか?】

  • 価格が上下するので、どのタイミングで買えば良いかわからない。
  • 毎回買い付けする時間がなかなかとれない。
  • コインチェックは1万円からしか積み立てができない…。

こんなお悩みを持っている方はいらっしゃいませんか?

このブログでは、これらの解決方法をご説明いたします。

 

結論から言うと、「bitFlyerによる積立投資」をすることで解決できます!

以下で詳しくご説明していきます。

 

 

ビットフライヤー:暗号資産の積立投資が1円からできる

 

 

ビットコインの積立投資とは?

ビットコイン

ビットコインの積立投資とは、ビットコインを「一定の間隔かつ同じ金額で買いつけする」ことを指します。

一定の間隔は、提供サービスによって異なりますが、ビットフライヤーの場合は以下のパターンがあります。

  • 毎日
  • 週1回
  • 月2回
  • 月1回

このどれかをあらかじめ選び、積立の設定をすることで、あとは自動的に買い付けが行われるようになります。

ちなみに、この積立はビットコインに限らず、取引所で取扱いがある他の仮想通貨(例.イーサリアム)などでもできます。

 

ビットフライヤー/bitFlyerでの積立のメリットは?

ビットフライヤー 積立

主に3つあります。

 

①毎回買う手間が省ける

まず、積立をしていないと、1回買うためだけにこれだけの工程を経なければなりません。

  • webやアプリの立ち上げ
  • ログイン
  • 銘柄を選択
  • 金額を入力
  • 購入ボタンを押す

しかし、積立をしていればこの工程はすべて省略できます!
これは非常に便利です。

 

②迷わず買える

株もそうですが、買う時には迷いが生じますよね⁈
それは「買った後にすぐ下がったらどうしよう…。」という気持ちです。

積立ではそんな心配は無用です。

設定しておけば、決まったタイミングで自動購入されるため、ためらうことなく購入がなされます。

 

③ドルコスト平均法が活かせる

個人的には、これが積立の最大のメリットと考えます。

まず「ドルコスト平均法」とは?ですが、こちらです。

資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する手法です。
例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」ことです。
(出典:wikipedia)

上記だけ見ると、普通の積立に見えますね。。。

 

しかし、ポイントは、数量を等分するのではなく、「金額を等分する点」が単なる分散と異なるところです。

そうすると、その商品の価格が高い時は購入数量が少なく、安い時には多いため、単純な数量分割に比べて、平均値の点で有利になります。

 

より理解できるように、実際に2つの数字の例を見ていきましょう。

 

①1個当たりの商品価格が上下する場合(4,000~12,000円)

②1個当たりの商品価格がずっと10,000円の場合

※共通前提条件として、1回あたり20,000円を購入。

ドルコスト平均法 積立

 

ぱっと見、②の方が価格が安定していて良さそうですよね。

さて、12回の積立をした結果、合計金額で儲かったのはどちらでしょうか?

ドルコスト平均法 積立

 

あら不思議!①の方が儲かりました。

 

この原理、不思議ですよね⁈私も最初聞いた時、そう思いました。

これがドルコスト平均法のチカラです。

 

なぜこうなるかですが、「下落時にも同じ金額で購入」していることがポイントです。

こうすることで、安い価格で多くの量を購入できるため、その後下落から回復した際に大きなリターンをもたらします。

裏を返すと、下落が永久的に続くような相場には、ドルコスト平均法=積立投資は向かないということになります。

 

ドルコスト平均法と比較されやすいのが、「ナンピン買い」があります。

ナンピン買いについては、こちらの記事で説明していますので、
是非合わせてご覧ください。

ナンピン買いのメリット・デメリットとは?

続きを見る

 

ちなみに、経済評論等で有名な勝間和代も、このドルコスト平均法を非常に推しています。是非合わせてYoutubeも観てみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=PaWlBQSDXdc

 

ビットフライヤー/bitFlyerかんたん積立投資で買える銘柄は?

購入できる銘柄数は15銘柄です。

これは取引所で通常買い付ける時と、同じ数です。

 

また、購入できる銘柄種類は、写真の通りとなります。

ビットコインをはじめ、イーサリアムやこれから普及が期待される銘柄など、色々あります。

ビットフライヤー 銘柄

ビットフライヤー 銘柄

 

ビットフライヤー/bitFlyerの積立のデメリットは?

大きく4点あります。

1.価格が上昇し続けた場合は一括投資のほうが有利

ドルコスト平均法の実例で挙げたように、積立投資は一定期間にわたって購入します。

そのため、上昇している場合は、途中で高値づかみになることもあり得ます。

 

2. 最終的な価格によってはマイナスになることもある

資産を売却するときの価格が、過去の購入価格よりも低い価格で売ることになる時は、結果的に損を被ることがあり得ます。

私の場合、価格が低迷しているときには決して売却せず、その後も積立投資を続けて、価格が上がって、資産の評価がプラスになってきてから売るタイミングを狙います。

 

3. 手数料がかかる

具体的に見てみましょう。

ビットフライヤーのWebサイトを見ると、このように記載がありました。

 

4. 長期下落相場には向かない

ドルコスト平均法のところで触れましたが、下落が永久的に続くような相場には、積立投資は不向きです。

 

積み立てるまでの具体的な手順(2022年5月時点)

ここからは、口座開設~積立設定の流れを、写真とともに具体的に見ていきます。

1.口座開設

何はともあれ、まずはビットフライヤーの口座開設が必要です。

こちらのリンクから、10分くらいで簡単に開設できます。
免許証を用意してクリックしましょう。

 

bitFlyer

 

2.入金

口座開設後は、日本円を口座に入金しないと、積立が開始できません。

入金方法は、以下の方法があります。

  • 銀行振込(各金融機関所定の振込手数料)
  • インターネットバンキング(住信SBI以外は330円
  • コンビニ払い(330円)

「住信SBIネット銀行」からのインターネットバンキング入金だけは、手数料0円です。

この機会に同銀行の口座を作るのも良いでしょう。

 

3.積立の設定

まず、ビットフライヤーのアプリが無い方は、アプリをダウンロードしましょう。

・iOS

・Andoroid

 

ダウンロードしたら、トップページの下のほうにある「BitFlyerかんたん積立」を押しましょう。

ビットフライヤー 積立

 

画面一番下の「積立を設定する」を押しましょう。

ビットフライヤー 積立

 

積み立てできる仮想通貨の一覧が出てきます。好きな通貨を押しましょう。
ここではビットコインを選びます。

ビットフライヤー 積立

 

積み立て頻度が選びます。デフォルトデフォルトでは「毎日1回」になっています。

毎日1回の表示を押すと、画面のように選択肢が現れますので、好きな頻度を選び、「積立金額の設定に進む」を押しましょう。

ビットフライヤー 積立

 

希望の金額を設定しましょう。
1円から設定できます。

ビットフライヤー 積立

 

最後に確認画面が表示されますので、問題なければ「内容を確定する」を押しましょう。

ビットフライヤー 積立

 

これで設定は以上です。

 

4.設定後

設定時の内容次第ですが、最短翌日から積立開始となります。

 

かんたん積立の注意点

相場が下落しても動じない

この心構えが非常に大事です。あくまでも積立投資は「長期投資」です。

ゆえに、徐々に積み上がって資産が形成できる手法なので、短期投資のような考えは持たないように注意しましょう。

 

入金額が足りなくならないように、口座振込を自動設定にしておく

金融機関によりますが、インターネットバンキングにて、定期振込の自動設定をすることができます。

こうすると、振り込み漏れによる入金不足がなくなるため、ぜひ設定をお勧めいたします。

-暗号資産/NFTへ投資

Copyright© 【全方位投資ブログ】日本株×仮想通貨×NFT×ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.