全て 暗号資産/NFTへ投資

仮想通貨を活用した金融サービス「DeFi」の始め方を解説

●はじめに/こんなお悩みありませんか?

最近よく聞く「DeFi」。読み方は「ディーファイ」です。

  • DeFiで何ができるの?
  • DeFiはどんなメリットがあるの?
  • DeFiはどうやって始めればいいの?

その始め方について徹底解説いたします。

 

ちなみに、「DeFi」関連の仮想通貨の解説を、以下の記事で詳しくしています。
おすすめの銘柄も取り上げていますので、是非ご覧ください。

 

【関連記事】

 

【関連記事】

 

●目次

DeFiを始める上での前提
DeFiを始めるメリット ~銀行なしで銀行の役割ができる~
- 年率3%で資産増やすことができる
- 格安の手数料で送金ができる
DeFiとは
そもそもDeFiで何ができるのか
DeFiの始め方 具体的な手順
DeFiのデメリット
おまけ - DeFi関連の仮想通貨

 

●DeFIを始める上での前提

DeFiを始めるには、前提として「イーサリアム」という仮想通貨の購入が必要になります。

イーサリアムを購入するには、コインチェックから購入するのがオススメです。

コインチェックのサイトはこちらから

 

 

●DeFiを始めるメリット

結論から申し上げますと、DeFiは「銀行なしで銀行の役割ができる」ことが最大の魅力です。

下記で詳しく見ていきましょう。

 

1. 年率3%で資産増やすことができる

DeFi 資産

後ほど詳細説明しますが、DeFiとは「ブロックチェーンを活用した分散型金融サービス」を指します。

金融なので提供サービスが色々とありますが、まずは預金サービスの利率が通常の銀行とは大きく異なります。

 

現状ご存じの通り、銀行に預ける時の利率は非常に低いです。
資金が一定期間拘束される定期預金でも、利率は良くて年率0.2%ほどです。

 

それに対して、Defiは下記のような高利率で低負担です。

  • どんなに低くても年率約3%と、非常に高利率です。
    市況にもよりますが、年率20%をただき出すときもあります。
  • 預金のため、DeFiへ資金を預けるだけで、手間もかかりません。
  • デイトレのような短期トレードをする必要も全くありません。

 

これに関連しますが、後ほどご説明する「compound」という機能が、DeFi流行の大きなきっかけになりました。

 

2. 格安の手数料で送金ができる

 

従来の銀行の海外送金は、多額の手数料と時間がかかります。

しかし、ビットコインのような仮想通貨が出てきたことにより、送金が安くかつ瞬時にできるようになりました。

DeFiにおいても、同様の機能を活用することができます。

 

 

●DeFiとは

繰り返しですが、DeFiとは「ブロックチェーンを活用した分散型金融サービス」です。

これはイーサリアム上のブロックチェーンで動いています。
※仮想通貨に関連したサービスであり、仮想通貨自体ではありません。

 

画像

(出典:デロイトトーマツグループ)

DeFiでそもそも何ができるのか

多機能ですが、主に下記2点が有名なサービス内容です。

  • Maker
    イーサリアム(ETH)を担保に、米ドル(USD)と価値が紐づくステーブルコインを発行し、保有することができるサービス
  • Compound
    レンディングサービスとして、ご自身の資金を他社に貸し出すことで利息収入を得るサービス

 

●DeFiの始め方

まず前提として、DeFIは日本の仮想通貨取引所だけでは利用できません。

諸外国に比べて、暗号資産に関するルールが厳しい、もしくは整備が遅れているとも言えます。

そのため、海外の取引所を経由する必要があります。
以下で手順をまとめました。

 

●具体的な手順

1.国内の取引所でイーサリアムを購入

まずは、国内の仮想通貨取引所でイーサリアムを購入する必要があります。

ここでは、仮想通貨アプリダウンロード数No.1のコインチェックが最もおススメです。

まだコインチェックの口座を開いていない方は、是非こちらから開設してみてください。

 

・コインチェック

 

 

2.購入したイーサリアムをウォレットへ送金する

購入したイーサリアムを、ウォレットへ送金しましょう。
(通常の銀行ほどではないですが、送金時に手数料がかかります)

このウォレットとは、購入したイーサリアムを保管することができるサービスです。

ウォレットで最も有名なものが「MetaMask(メタマスク)」というサービスなので、まずはこれを利用することをお勧めします。

関連記事で、メタマスクの使い方も解説しているので、併せて御覧ください。

【関連記事】

 

 

3.ウォレット(メタマスク)とDeFiのサービスを結びつける

送金完了したら、メタマスクをDeFiに結びつけましょう。

 

DeFi自体はアプリケーションの総称のため、DeFiの役割を果たす主な機能の一つが「DEX(分散型取引所)」というものがあります。

このDEXで有名なサービスが、下記に挙げているものになります。

  • Compound
  • PancakeSwap
  • Uniswap etc...

 

このうち、CompoundやUniswapは、イーサリアムのスマートチェーン上で動くもののため、この2つのどちらかを使って、ウォレットとの結びつけをするのがベストです。

・Compound

 

上記サイトを開くと、写真のトップページが表示されます。

ページ右上の「App」ボタンから、結びつけを行ってみてください。

 

4.分散型取引所にて、自分の資金を貸し付ける

最後に、自分の資金をプールしたいお好みのトークンを選びます。

利息収入はガバナンストークンという形で受け取り、その後は保有したり売却したりできます。

 

●DeFiのデメリット

冒頭に、DeFiは銀行サービスの機能があると申し上げましたが、
現時点では、まだ銀行ほどのセキュリティは備わっておりません。

具体的にDeFiを利用した投資には、主に下記の変動リスクがあると考えられております。

投資をする際には、是非この点に留意していただければと思います。

  • 大幅な価格変動のリスクを受ける可能性
  • 政府の規制による影響を受ける可能性
  • 日本の金融庁の認可を取っている金融商品ではない。

 

●おまけ - DeFi関連の仮想通貨

これまでに紹介した収益を上げる方法以外にも、もう1つ是非おススメがあります。

それは「DeFi関連の仮想通貨」に投資をするという方法です。

 

代表的な通貨でいうと、下記のものがあります。

  • Terra
  • Avalanche
  • Uniswap  etc...

こちらの「CoinMarketCap」で、DeFi関連の仮想通貨一覧と、その値動きが簡単に分かるので、是非参考にしてください!

https://coinmarketcap.com/ja/view/defi/

 

 

なお、上記の通貨は海外の取引所を使わないと購入できません。

そのため、購入するための具体的な方法は大きく下記になります。

  1. 国内取引所(Coincheck)で口座開設
  2. Coincheckで、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を購入
  3. 2で購入した仮想通貨を、海外取引所(Binance)へ送金
  4. BinanceでUniswap (UNI) を購入

 

まずは1.の国内取引所の口座開設が必要となりますので、まだコインチェックの口座を開いていない方は、是非こちらから開設してみてください!

・コインチェック

 

-全て, 暗号資産/NFTへ投資

Copyright© 【全方位投資ブログ】日本株×仮想通貨×NFT×ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.