企業分析/決算へ投資 株式へ投資

エネオス/ENEOS・株価はなぜ安い?今後の将来性と株価上がる見込みは?

【はじめに】

まずは、エネオス/ENEOSの直近1年間の株価チャートをご覧ください。

エネオス 株価

 

エネオス/ENEOSは、しばらく大きな波がありませんでした。

が、2022年の5月に株価が急騰した後、6-7月に大きく急落しました。

  • 同社はこの期間どんなことが起きたのでしょうか?
  • そして今後の将来性はどうなのでしょうか?

このブログでは、そんな疑問を一気に解決いたします。ぜひ最後までお読みください。

 

ちなみに、エネルギー関連企業として、以下2社の記事でも解説しています。

ぜひ合わせてご覧ください。

 

 

【このブログの筆者ご紹介】

 

ちなみに、2022年7月22日時点でエネオスの株を買うには、4.9万円もの資金が必要となります

そこで、株を買うなら「マネックス証券」をオススメします。

なぜなら、主要ネット証券最安水準の手数料!

Webでも、スマホアプリでも、サクサクでき、ストレスがありません。

是非この機会に口座解説をしてみてください。

■マネックス証券 ↓

マネックス証券

 

【目次】

 

エネオス/ENEOSについて

エネオス/ENEOSの企業情報

本社所在地 東京都千代田区大手町1-1-2
業種分類 石油・石炭製品
設立年月日 2010年4月
上場年月日 2010年4月
決算 3月末日
従業員数(連結) 41,852人

石油製品の精製および販売等を行う日本の企業です。

1800年代から操業したいくつかの企業が、最終的に2010年に統合し、現在のENEOSホールディングスのもととなっています。

 

現在は写真の通り、主要4分野を傘下に持ち、そのトップとしてENEOSホールディングスが君臨しております。

ENEOS 組織

 

エネオス/ENEOSの事業内容

 

エネオス/ENEOSは、以下3つの事業セグメントに分かれております。

  • エネルギー事業:主にガソリンスタンド「ENEOS」を展開
  • 石油・天然ガス開発事業:石油・天然ガスの資源開発を展開
  • 金属事業:銅やレアメタルの事業を展開

 

 

続いて、各事業の儲けを見てみましょう。以下は3年間の営業利益の状況です。

ガソリンスタンドを展開するエネルギー事業が最も利益をだしています。

また、金属事業も大きな利益をだしています。

 

 

 

株価関連情報/株価チャート(2022年7月8日時点)

まずは、株価関連情報です。

割高・割安を計る指標になる「PER」は、9.3倍となっています。

エネオスのようなエネルギーは、昔からある成熟した業界のため、PERは総じて低くなっております。

エネオス 株価

 

それでも、PERを石油元売り各社と比較すると、エネオスが一番高く、コスモHDが2.9倍と最も低くなっています。

 

続いて株価です。

冒頭で見たとおり、直近1年間の株価は、5月に急騰、6月に急落したのが大きなトピックとなっています。

この理由はのちほど説明いたします。

エネオス 株価

 

ちなみに、5年間の中長期チャートを見てみましょう。

2019年からは長い間株価が低迷した状態がつづいています。

エネオス 株価

 

エネオス/ENEOSの平均年収

同社の平均年収は、会社四季報によると「1,006万円」となっています。

従業員が連結で4万人以上もいる企業で、この平均年収は高いですよね。

 

次に、従業員の口コミが閲覧できるサイト「openwork」というサイトがあります。

これによると、同サイトに投稿した従業員213人の平均年収は、770万円です。

 

四季報とopenworkの年収差ですが、openworkに投稿している層が比較的若い社員が多いとみられるためです。

openwork上の職種ごとの内訳は写真のとおりです。

 

エネオス 年収

 

エネオス/ENEOSの採用状況

同社は連結で、41,852名の社員数がいます。

エネルギー業界であることから、全従業員の半分以上は技術職が占めるのでは、と想定されます。

 

実際に、エネオスの採用サイトを見ると、このように様々な職種を募集しています。

https://www.eneos.co.jp/recruit2023/

このサイトから直接の応募もできますが、より合格確率をあげるには、以下のエージェントに相談した上で、応募することがオススメです。

無料なので、是非お気軽に利用してみてください。

 

・パーソルキャリア(画像クリックするとページが開きます)

 

 

なぜエネオス/ENEOSの株価は、2022年に急騰&急落をしたのか

まず、2022年5月に株価が急騰した理由ですが、一言でいうと「大規模な自社株買いの発表」と「原油価格の高騰」の2点です。

 

① 大規模な自社株買いの発表

ポイントは、3か年計の総還元性向を「50%以上」と定めている点です。

ここで言う総還元性向とは、利益のうち50%以上を「配当」と「自社株買い」の2つで還元するという意味です。

 

「配当」は、図にある通り、過去3年間は22円/株と横ばいです。

エネオスとしては増配することもできたでしょうが、一度増配するとそれを維持するプレッシャーが生まれ、あまり柔軟性がある策ではありません。

 

一方で、「自社株買い」の場合、利益次第でどのくらい買うかを決定できるため、柔軟性は高いです。

 

そんな中で、エネオスは「1,000億円」もの自社株買いを今回発表しました。

これを含めて、総還元性向が57%となりました。

 

今後の利益がどのくらいでるかは定かではないですが、

もし今期のように好調な場合、配当だけでは総還元性向50%を満たすことが難しいため、そうすると、自社株買いを実施することも十分にあり得るでしょう。

これを前もって狙って株を保有しておくのはアリです。

エネオス 自社株買い

 

 

② 原油価格の上昇

石油の元売り会社であるエネオスは、原油価格が上がると販売価格も上がり、結果的に利益率が良くなるといった恩恵をうけます。

価格が上がった要因は、なんといってもロシア・ウクライナ紛争です。

現状の原油不足に更なる先行き不安を与えたことから、以下グラフのように5月から急上昇しています。
これは5月に株価が急上昇したタイミングと重なっています。

その後、6月途中からの原油価格急落とともに、株価も急落していきました。

 

 

なぜエネオス/ENEOSの株価は安いのか ~今後の将来性は?~

結論から言うと、下記2点のため、株価はなかなか上がりづらくなっています。

  • 「脱炭素の時代に逆光したビジネスである」
  • 「成熟企業ゆえに成長性が低い」

 

ただし、同業の中ではビジネスモデルを転換しようと1番努力している会社と言えます。

具体的には、近年このようなアクションをしています。

  1. 再生可能エネルギー事業の展開
  2. 再生可能エネルギー会社 JREの買収
  3. NECのEV事業買収

【1. 再生可能エネルギー事業の展開】

同社のホームページでは、このように様々な再エネを展開しています。

しかし、まだ売上として微々たるもので、決算資料などをみても具体的な売上数値等はみかけません。

 

【2. 再生可能エネルギー会社 JREの買収】

JRE(ジャパン・リニューアブル・エナジー)の買収は、業界に衝撃を与えました。

JREは2012年設立のベンチャー企業で、20年12月期の連結売上高は224億円、9億円の最終赤字です。

しかし、エネオスが買収した価格はなんと2,000億円!
この価格はすごいですね。

エネオスがそれだけ本気で再生可能エネルギーに注力しようという意気込みが感じられる案件でした。

 

【3. NECのEV事業買収】

2022年6月に、NECから電気自動車(EV)充電サービス事業の譲渡契約をしました。
NECが運営・管理・システム運用をしている約6,100基のEV充電器のうち、約4,600基の運営・管理業務を承継する、とのことです。

ENEOSはとくに下記2点に注力していて、急速充電器を25年度までに1000基以上、30年度までに数千から1万基を設置する計画です。

・経路充電のEV充電網の拡充を推進
・サービスステーションや他社との協業による急速充電および普通充電ネットワークの拡大

今後もエネオスは、上記のような再エネ向けの買収・出資を積極的にするでしょう。

それにより、同社の再エネの売上比率が高まり、存在感を増してくれば、脱炭素社会に良いアピールとなるでしょう。

 

エネオス/ENEOSのアナリストカバレッジ

日本企業の中でも、時価総額上位に入ることから、担当アナリストも非常に多くついています。

 

 

エネオス/ENEOSの格付けレーティング

一部証券は2・Neutralとなっていますが、多くは1・Buyであり、事業変革を進めている同社への期待の高さがうかがえます。

 

 

【最後に】

今回のエネオス/ENEOSの特集、いかがでしたでしょうか?

株式銘柄を分析/管理する上で、下記ブログで紹介している"無料"ツールがとても役立ちます。

是非合わせてご覧ください。

メリット多数・Google Finance/グーグルファイナンス ウォッチリスト使い方と日本株の把握が超便利

続きを見る

 

 

ちなみに、今なら下記のリンクから投資家登録すると、最大5,000相当の株が必ずもらえるキャンペーン実施中です。

日本株・米国株も「手数料無料」の証券サービスでコミュニティー機能もあります。

まだ口座開設していない方はこの機会に投資家登録して有名な企業の株を無料でゲットされてみてはいかがでしょうか。

■手数料無料で取引できるアプリ「STREAM 」

 

 

ENEOS/エネオス Youtube動画のご紹介

-企業分析/決算へ投資, 株式へ投資

Copyright© 【全方位投資ブログ】日本株×仮想通貨×NFT×ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.