企業分析/決算へ投資 株式へ投資

フェローテックの将来性は?株価が下落している理由は?

【はじめに】

まずは、フェローテックの株価チャートをご覧ください。

【短期(2022年~)】

 

【長期(直近5年間)】

株価ですが、こんな状況です。

  • 短期(2022年):年初に大きく下落。その後乱高下を繰り返す。
  • 長期(5年間):コロナ禍で大きく上昇

 

フェローテックの業績は絶好調にもかかわらず、直近は株価がなかなか上がらない状況です。

これは結論から言うと、下記1点が要因です。

  • SOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)の低迷

そうした点を踏まえて、以下の疑問をこのブログでは一気に解決いたします。ぜひ最後までお読みください。

  • 同社はなぜ、株価が下落しているのでしょうか?
  • そして今後の将来性はどうなのでしょうか?

 

ちなみに、2022年11月22日時点で、フェローテックの株を買うには、33万円もの多額の資金が必要となります

 

そこで、株を買うなら「マネックス証券」をオススメします。

なぜなら、主要ネット証券最安水準の手数料!

Webでも、スマホアプリでも、サクサクでき、ストレスがありません。

是非この機会に口座解説をしてみてください。

■マネックス証券 ↓

マネックス証券

 

【このブログの筆者ご紹介】

【目次】

 

フェローテックについて

フェローテックの企業情報

フェローテックは、1980年9月に設立されました。

連結での従業員は、9,348名もいます。

本社所在地 東京都中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザビル
業種分類 電気機器
設立年月日 1980年
上場年月日 1996年
決算 3月末日
従業員数(連結) 連結9,348人

 

下記のように、業績をこれまで順調に伸ばしてきました。

フェローテックの事業内容

フェローテックは、半導体業界に属しています。

半導体ウエハや半導体設備向け部品を製造しております。

真空シールという分野では世界シェア6割、サーモモジュールという分野では36%ものシェアを誇っています。

 

真空シールとは、このようなものです。

サーモモジュールはこちらです。

 

 

それらの製品が、下記のように様々な日常生活品に溶け込んでいます。

 

 

現在では、以下3つのセグメントを保有しています。

  • 半導体等装置関連事業
  • 電子デバイス事業
  • その他

 

 

株価関連情報/株価チャート(2022年11月22日時点)

まずは、株価関連情報です。

(出典:株探)

まず、時価総額は1,563億円もあります。

PERは6.5倍と、半導体業界の中でもかなり低めな水準にあります。

 

また、配当利回りは3.00%と、比較的高い水準にあります。

 

出来高については、概ね日々の出来高が400万株前後、となっています。

 

お金の健康診断は、スマホでお金に関する質問に答えるだけで家計の健康状態を診断。
その後お金の専門家から無料でアドバイスが届くサービスです。

多数の専門家が在籍しているので
「貯金が貯まらない」「老後資金が不安」「住宅ローンの相談がしたい」
「投資を始めたいけど何からすればいいかわからない」など、
あらゆるお金の悩みをチャット相談できます。

チャットなので入退室自由、家からあなたのペースで相談可能。
また名前や住所の記載は一切なく、匿名でチャット相談できます。

会員登録はもちろん、診断もチャット相談も無料です。↓

■チャットで相談できる「お金の健康診断」

お金の健康診断

 

フェローテックの平均年収

フェローテックの平均年収は、会社四季報によると「881万円」との記載があります。

さすが、半導体系の企業は、給与水準が高いですね。

 

 

フェローテックの採用状況

 

同社は連結で、9,348名もの社員数がいます。

中途採用もグループ会社含め、積極的に行っているようです。

https://www.ferrotec.co.jp/recruit/recruit_interview.php

 

ちなみに、採用サイトから直接の応募もできますが、より合格確率をあげるには、以下のエージェントに相談した上で、応募することがオススメです。

無料なので、是非お気軽に利用してみてください。

 

・リクルートエージェント

・パーソルキャリア

(どちらも画像クリックすると、ページが開きます)

 

フェローテックの株価が2021年以降に下落している理由

結論から言うと、「SOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)の下落」が理由です。

詳しく見ていきましょう。

 

SOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)の下落

まずは、SOX指数のチャートをご覧ください。

SOX指数は、フィラデルフィア半導体株指数とも呼ばれ、半導体の製造や流通、販売などを手掛ける30銘柄で構成されています。

これが2022年に入ってから、大きく下落基調にあります。

この要因は2点あります。

 

1.米国の金融緩和政策の終焉

これは、2021年終盤に「アメリカの金利利上げ観測に伴い、株式の魅力が相対的に減少、および景気悪化懸念」が巻き起こったからです。

つまり、個別銘柄固有の問題ではなく、世界的なマクロ経済影響によるものです。

 

金利上昇により、消費者の財布のひもや、企業の雇用環境が悪化することが見込まれ、そうした懸念が連鎖して、2022年大きく下落したわけです。

これにより、特にグロース銘柄と言われるIT企業/ハイテク銘柄を中心に、大規模な株価下落が世界的に起こりました。

 

2.世界の半導体市場成長率が下方修正

先日、2022、2023年の世界半導体市場の成長率を見直し、下方修正が行われました。

これは、コロナ特需が終了したことにより、最先端の製品が供給過多となり、下方修正されたものです。
(ただし、自動車向けのアナログ品は上方修正)

 

これにより、SOX指数もつられて下落をしたという流れです。

 

但し、SOX指数については、10月に発表された米国のCPI(消費者物価指数)の上昇頭打ちにより、ここ最近は上昇基調に転じてきています。

それにより、フェローテックをはじめ、各半導体銘柄の株価も上昇基調です。

 

 

フェローテックの将来性は?

個人的には、同社の将来性は「今後非常に高い」と考えます。

理由をいくつか以下で解説します。

 

1.EV化・自動運転の波

まず、すでにその波が近づいているのが、EV(電気自動車)です。

 

実は、EV車は通常のガソリン車に比べて、半導体の量が3倍必要になると言われています。

ゆえに、半導体各社は徐々に塑像さんに追われており、フェローテックも下記のように自動車分野に注力しています。

 

2.今後の技術トレンド

EV以外にも、以下の様々な技術トレンドが今後本格化します。

その時に、必ず半導体が必要になるため、フェローテックが活躍できる分野は今後も多分にあります。

 

フェローテックのリスク

同社の有価証券報告書では、主に下記リスクを上げています。

  • エレクトロニクス産業の製品需給動向及び設備投資動向について
  • 自動車産業における新車販売台数の影響について
  • 原材料の市況状況について
  • 中国における事業展開について

 

フェローテックの格付けレーティング・目標株価

続いて、2022年6月以降の格付け状況です。

担当している証券会社は、三菱UFJMSと東海東京の2社のみです。

三菱は一貫して買い継続をしていますが、東海東京は直近中立に格下げしています。

半導体業界は、動きが激しい業界なので、評価もばらつきますね。

 

 

【最後に】

今回のフェローテック特集、いかがでしたでしょうか?

ちなみに、今なら下記のリンクから投資家登録すると、最大5,000相当の株が必ずもらえるキャンペーン実施中です。

日本株・米国株も「手数料無料」の証券サービスでコミュニティー機能もあります。

まだ口座開設していない方はこの機会に投資家登録して有名な企業の株を無料でゲットされてみてはいかがでしょうか。

■手数料無料で取引できるアプリ「STREAM 」

 

株式銘柄を分析/管理する上で、下記ブログで紹介している"無料"ツールがとても役立ちます。

是非合わせてご覧ください。

メリット多数・Google Finance/グーグルファイナンス ウォッチリスト使い方と日本株の把握が超便利

続きを見る

 

-企業分析/決算へ投資, 株式へ投資

Copyright© 【全方位投資ブログ】日本株×仮想通貨×NFT×ブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.