暗号資産/NFTへ投資

メタマスク/MetaMaskで仮想通貨を安くスワップする(最適な価格を見つける)方法

あなたは、メタマスク(MetaMask)で仮想通貨をスワップするときに、こんな悩みを抱えた経験はありませんか?

「メタマスクでトークンをなるべく安くスワップしたい」

「メタマスクでスワップがうまくできない」

「メタマスクのスワップについていまいちわかっていない」

一般的な仮想通貨ウォレットの送金や受け取りができるほか、イーサリアムに関連するトークンを保管することができるウォレットがメタマスクです。

メタマスクは非常に便利なウォレットで、例えばスワップ機能では、自動で交換レートを比較して「最適な価格」を見つけ出すことができます。

したがってメタマスクのスワップ機能を上手く使いこなすことで、安く仮想通貨をスワップすることが可能となります。

 

今回は、そんなスワップ機能を利用するために必要な「スワップの基本」について開設します。

スワップを利用していくうちに出会う「エラー」の対処法も解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

また、メタマスクを利用するには、海外の暗号資産取引所を利用する必要があります。

その前提として、海外取引所に資金移動するためには、国内の暗号資産取引所を開設する必要があります。

下記に、2大国内取引所をご紹介しております。是非この機会に開設してみてください。

 

コインチェック

コインチェック
bitFlyer

bitFlyer

 

 

【目次】

メタマスク/MetaMaskで仮想通貨をスワップする理由

「スワップ」とは、仮想通貨をトークンに交換することを言います。

では、仮想通貨とトークンの違いは何なのでしょうか。

仮想通貨とトークンの大きな違いは「管理者の有無」です。

仮想通貨は、管理者は存在せず独自のブロックチェーンによって開発・利用されています。

一方トークンは管理者が存在し、既存のブロックチェーンを利用して開発された通貨です。

ポイント

          • 仮想通貨とはオリジナルのブロックチェーンを利用
          • トークンとは既存のブロックチェーンを利用

 

では本題に戻りましょう。

なぜ、メタマスクで仮想通貨をスワップするのか?ということですが、メタマスクのスワップ機能を使う方が、安全かつ楽にスワップできるからです。

トークンスワップのプラットフォームには、有名なところにUniswapやPancakeSwapが存在しますが、メタマスクは利便性が高く日本人ユーザーに人気が高いです。

 

その理由のひとつとしてメタマスクではスワップ機能により、自動で交換レートを比較して「最適な価格」を見つけ出してくれます。

つまり、メタマスクでは仮想通貨を効率的にスワップできるといった環境が整っているのです。

中には「それは知っているけれど、もっと安く取引することはできないの?」と思われる方もいらっしゃると思います。

もちろん、メタマスクでスワップするときにさらに安くする方法は存在します。

次で「メタマスクで仮想通貨を安くスワップする方法」を解説していきましょう。

メタマスク/MetaMaskで仮想通貨を安くスワップする方法

メタマスクで仮想通貨を安くスワップする方法は、以下の2つです。

          • ガス代を安く設定する
          • スリッページを低く設定する

以下解説していきます。

 

メタマスク/MetaMaskでガス代を設定しよう

メタマスクで仮想通貨を安く取引する方法のひとつに、手数料を安く設定する方法があります。

その手数料のことを「ガス代」と呼び、メタマスクはガス代を自由に設定することが可能です。

つまりガス代を安くすることも高くすることもできます。

 

ではなぜ、わざわざガス代を高く設定するのでしょうか?

結論から言うと、ガス代が高ければそれだけ取引を早く完了させることができるからです。

イーサリアムでは1秒間に処理できる承認量が設定されています。

そのため、上限を超えた場合に、より多くの手数料を支払った人が優先的に処理されるのです。

そういったことから、狙っているNFTなどに競り勝つにはガス代を高く設定する人もいることを覚えておきましょう。

もちろん、安く設定し過ぎてしまうと承認されなくなりますので適切なガス代の設定が必要となります。

なるべくガス代を抑えたい場合は、平均より少し低い値に設定しましょう。

 

具体的には、下記のとおり。

ガス代の値

低速:20Gwei
平均:22Gwei
高速:26Gwei

Gweiはガス代の単位で、「1Gwei=0.000000001ETH」です。

これらの値を参考にして、適切なガス代を設定し、賢く節約しましょう。

 

メタマスク/MetaMaskでスリッページを設定しよう

スリッページとは、注文が承認された時点で価格が変わること(価格のずれ)のことです。

例えば今この瞬間もドルと円の価格は変わっていますよね。

その変化を許容する%がスリッページです。

 

つまりスリッページを低く設定すると、想定を超えた価格でスワップしてしまうということを防ぐことができます。

ちなみにメタマスクでスリッページを設定する方法は、スワップ元とスワップ先を選択したら出てくる「Review Swap」を選択することで設定できます。

 

しかし、スリッページを低く設定し過ぎてしまうと、エラーが表示されることもあります。

そこで、このエラーの対処法やうまくメタマスクでスワップできない時にどうしたらいいのかを次で解説していきます。

メタマスク/MetaMaskでスワップできない時の対処法

ケース別に見ていきます。

「見積もりを取得できません」と表示された時

メタマスク上で「見積もりを取得できません」と表示されることがあります。

結論から言うと、これはほとんどの場合スリッページの問題なので、最大スリッページを4%または5%に設定することで対処できます。

特に変動がとても激しいアルトコインや草コインなどはこのスリッページの問題でこの現象が起きます。

メタマスクのスリッページはデフォルトで3%に設定されていますが、3%よりも低い値に設定してしまうと、エラーになって取引不可になりかねません。

つまり、きちんと適切な値に設定しておくことが大切だということです。

また、この方法を試してもエラーが表示される場合は、PancakeSwapなどのDEXでスワップすることも有効です。

トランザクションがなかなか処理されない時

エラーにはなっていないのに、処理画面が止まって進まない時があります。

これをトランザクション詰まりといいますが、この状態でまた確認ボタンを押してしまわないようにしてください。それでは解決しません。

以下の事を確認してみてください。

ガス代が足りているか確認

なかなか進まない場合、ガス代が少なく処理の順番が遅くなっていることが考えられます。

このガス代を増やすことで処理が進むことがありますので一度確認してみてください。

待てば解決することも

もしそこまで急いでいない場合、しばらく待つことで処理が進むこともあります。

ガス代を節約したい時は待ってみるのも一つの手です。

メタマスク/MetaMaskから送金できない原因

メタマスクから送金ができない時の原因の1つはガス代不足があげられます。

先ほど説明したのと同じく、ガス代を高く設定すればするほど早く送金処理されます。

もし取引の詳細画面に「Takling too long」と表示されていたら、以下の手順でガス代の再設定をすると送金ができるでしょう。

  1. 送金確認画面の「Edit」を開く
  2. ガス代を調節して「保存」する
  3. 「確認」を押すと再設定完了

2つめの原因としては、アドレスが間違っている可能性です。

もしアドレスとネットワーク規格が合っていないと送金ができません。

正しいアドレスを入力しているかを確認するようにしましょう。

 

では、次はPancakeSwapや他のDEXについても、紹介していきますね。

メタマスク/MetaMask以外のおすすめの分散型取引所を紹介

今回は有名なトークンスワッププラットフォームである、下記の3つを紹介します。

          • UniSwap/ユニスワップ
          • PancakeSwap/パンケーキスワップ
          • SushiSwap/スシスワップ

どれも使いやすい上に、とても稼ぎやすい仕組みになっています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

UniSwap/ユニスワップとは?

まずは、UniSwapの基本情報をまとめましょう。

          • 名称: UniSwap(ユニスワップ)
          • ネットワーク: イーサリアムネットワーク
          • 取引手数料: 無料
          • ガバナンストークン: UNI
          • 公式サイト: https://uniswap.org/

UniSwapはトークンスワッププラットフォームの中で最大級の取引所です。

また、イーサリアムブロックチェーンの上に構築されているため、セキュリティが高いことも安心できるポイントのひとつですね。

 

しかし、取引手数料は無料ですが、取引を行う場合にはイーサリアムのガス代が要求されます。

イーサリアムはガス代が他と比べて高いので、気をつけなければいけませんね。

 

UniSwapは下記の記事でも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

では次に、PancakeSwapを紹介します。

 

PancakeSwap/パンケーキスワップとは?

こちらも同様に、まずは基本情報をチェックしていきましょう。

          • 名称: PancakeSwap(パンケーキスワップ)
          • ネットワーク: BNB(Binance Smart Chain)
          • 取引手数料: 無料
          • ガバナンストークン: CAKE
          • 公式サイト: https://pancakeswap.finance/

PancakeSwapは、バイナンススマートチェーンを採用している取引所です。

そのメリットは、イーサリアムよりもガス代が安いことでしょう。

 

イーサリアムのレイヤーの方が下なので、安全性はイーサリアムに比べて低いです。

しかし、収益性は侮れません。

 

PancakeSwapのガバナンストークンである「CAKE」を預けることで、BSC系トークンを受け取れるシロップロールも行えるためですね。

PancakeSwapについては、下記の記事を読んで始めてみましょう。

 

では次に、SushiSwapを紹介していきますね。

 

SushiSwap/スシスワップとは?

SushiSwapの基本情報は、下記のとおりです。

          • 名称: SushiSwap(スシスワップ)
          • ネットワーク: イーサリアムネットワーク
          • 取引手数料: 無料
          • ガバナンストークン: SUSHI
          • 公式サイト: https://sushi.com/

SushiSwapは、UniSwapから派生した取引所です。

そのため、SushiSwapもイーサリアムブロック上に構築されています。

 

ちなみにUniSwapには、ステーキングやレンディングなどのサービスもあるので、どちらにも魅力がありますよ。

さらに、SushiSwapは2週間で約1,500億円の資金を集めた実績があります。

 

メタマスク/MetaMaskと他の取引所を使いこなして仮想通貨を稼ごう

ここまでメタマスクとスワップについて解説してきました。

メタマスクのスワップ機能には、スワップ時に交換レートを取得してくれるので、簡単かつ安価にスワップを行うことが可能。

 

しかし、他の取引所を利用することにもメリットがあります。

そのメリットが独自トークンである「ガバナンストークン」の取得です。

ガバナンストークンをステーキングできるようになれば、ますます仮想通貨を稼ぐことができるようになり、時間とお金に余裕が生まれますね。

 

繰り返しですが、メタマスクを利用するには、海外の暗号資産取引所を利用する必要があります。

その前提として、海外取引所に資金移動するためには、国内の暗号資産取引所を開設する必要があります。

下記に、2大国内取引所をご紹介しております。是非この機会に開設してみてください。

 

コインチェック

コインチェック
bitFlyer

bitFlyer

 

メタマスク(MetaMask)で仮想通貨を安くスワップする方法について解説してきました。

メタマスクでスワップをなるべく安く利用する時には、エラーなどいくつか気を付けなければならないこともありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-暗号資産/NFTへ投資

Copyright© 【全方位投資ブログ】日本株×仮想通貨×NFT×ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.